電子タバコとは!?紙巻きタバコと何が違う?

水蒸気を吸い込むためのアイテム

紙巻きタバコは、タバコの葉に火を付けて、発生した煙を吸うものです。それに対して電子タバコは、煙ではなく水蒸気を吸います。そもそも電子タバコという名前ですが、タバコの葉は使用せず、リキッドという専用の液体を用います。そのリキッドを電気の力で加熱して、水蒸気を発生させる仕組みを持っています。発生するのが煙ではなく水蒸気なので、身体への負担が少なかったり、周りへの副流煙を心配する必要がなかったりするメリットがあります。さらにリキッドにはタールやニコチンが含まれていないものも多く、依存や歯の着色といった問題が少ないのが強みです。

タイプやリキッドのバリエーションが豊富

電子タバコで使用するリキッドは、様々なバリエーションがあります。メントールのような爽快感を味わえるものや、フルーツにチョコレートなど甘い香りが特徴のものなど色々です。その香りを必要に応じて切り替えられるのが、電子タバコの強みのひとつです。

標準的な電子タバコであればリキッドを交換できるようになっていて、色々な香りを試してみることができます。そして電子タバコは色々な製品があるのも特徴で、それぞれ対応するリキッドの規格や、リキッドを取り付ける構造が異なります。そのためどの製品を選ぶかによって、使用できるリキッドが変わってきます。また中にはリキッドを交換することなく、紙巻きタバコのように吸い終わったら使い捨てるものもあります。ただ使い捨てであっても、水蒸気を吸い込むという基本は変わりません。

ニコチンリキッドはインターネット通販を使えば簡単に購入できます。使っている機種に合っているかの確認が重要です。

Related posts